〒142-0041 東京都品川区戸越2丁目5-1 戸越銀座テラス1階

03-6426-1818
お問い合わせフォーム

戸越駅から徒歩3分の歯科・歯医者は松本歯科医院

よくあるご質問

よくある質問

医院ブログ

ドクターズファイル 当院のドクターが紹介されました

自費診療のクレジットカードに対応しています。

English available
歯医者ガイド

webクレジットカード

HOME»  よくあるご質問

子供の歯磨き

子供が歯磨きを嫌がって困るという相談がありました。

子供は口の中に物を入れられることを本能的に嫌がるもの。
3歳くらいまでは歯磨きを嫌がることがおおいため、どうすれば磨かせてくれるかは親御さん共通の悩みです。

いきなりはやはり難しいですから、徐々に慣れていくようにするのが良いと思われます。

赤ちゃんのうちから「いつ生えてくるかな?」と口の中をのぞいたり、生えはじめの歯を触ったりしてあげると比較的スムーズに導入できるとおもいます。

また「食べたらうがいするようなことから始め、だんだんと歯ブラシに慣れさせることもおすすめです」

あまりびっくりさせないように導入していくのがポイントですね。
難しいとはおもいますが、あせらないことです。

歯磨きをすれば歯周病はなおるか?

歯周病は、予防も治療もメンテナンスも歯磨きが基本です。
歯肉に炎症が起こる初期の段階なら歯磨きだけでも治ります。
歯周病の引き金になる歯垢が取り除かれるからです。

ただし歯垢が石灰化して歯石になってしまうと歯ブラシだけでは取り除けず、歯科医や歯科衛生士の力を借りなければなりません。

とはいえ、歯石をとってもらった後も歯磨きを怠るとスグに歯垢が増えてきますから、歯茎をいい状態に保つためには、やはり日々の歯磨きが不可欠と言えます。

結論をいうと初期であれば治りますが、ある程度進行してしまっているとブラシでとりきれない汚れがでてくるので、それは歯科医、衛生士の力が借りて除去が必要であり、その後は再発を防ぐためにやはりブラシが必要ということです。

歯周病と歯槽膿漏はどうちがうの?

結論からいってしまうと、歯槽膿漏は歯周病の末期的症状のことをいいます。

歯槽膿漏という病名はかつてよく使われていました。いまでもある年齢以上の人には歯周病よりなじみがあるかもしれません。

歯槽膿漏は文字通り、歯槽骨が溶けて歯茎から膿が漏れてくる状態のことです。
歯周病の初期には自覚症状はほとんどないですから、昔はこの状態になって初めて病気と認識されたのでしょう。
歯槽膿漏にまで進んでしまうと抜歯になることが多いです。

歯槽膿漏よりも歯周病という病名が使われるようになってきた背景には、抜くよりも残すという方向に、治療の考え方が大きく変わってきたことあるようです。

歯ぐきに炎症が起こり始めた初期段階でケアすれば、歯槽膿漏になることはありません。
何事も早期発見が大事だと思われます。

当院では歯周病治療も行っておりますので、些細なことでも気になればご相談ください。
お待ちしております。

歯磨きは毎食後にすべきか?

通常、よく噛み食事をすれば唾液の分泌により口の中は自然ときれいになります。が、糖を多く含む食事をとっていると虫歯菌が活動しやすい環境になります。
ですが、すぐ歯垢になるわけではないので必ず毎食後、歯磨きをしなければならないというわけではありません。

虫歯菌や歯周病菌は、歯垢がある程度蓄積すると悪さをしだします。
ですから、すくなくとも一日に一回、隅々まで口の中全体をきれいにし、歯垢が落ちている状態にすることが大切といえます。

いざきちんと磨こうとすると、結構時間はかかるものです。
だからもっとも歯磨きに時間をかけられる時のブラッシングを丁寧にしてください。
朝の忙しい時はさらっと磨き、就寝前の時間をかけれるときにしっかり磨く等がよいかもしれません。

夜にお菓子を食べて、すぐ寝てしまう等がいちばんよくないです。
要は虫歯菌が悪さをしないような環境作りが大切なのです。
食事は毎日必ずするものなので汚れはたまります。
自分の生活習慣で続けられるサイクルでしっかり汚れを落とすことを意識しましょう。

電動歯ブラシ

電動歯ブラシってどうなんですか?
こないだ聞かれたんで、ちょっとお答えします。

まず電動歯ブラシといってもいろいろ種類があります。
いずれも手で磨くより短時間で歯垢を落としやすく効果は高いです。
しかし毛先が歯のしかるべき場所にあたっていなければ歯垢を落とすことはできません。

みなさん電動歯ブラシを使っているということで安心してしまっていることが多いです。
ブラシが当たってない所はいくら電動歯ブラシを使っても磨き残して歯垢が残ったままということになります。

ですから歯と歯ぐきの境目付近、歯と歯の間に毛先が届くよう歯面に沿わせるように動かすことが大切です。
効果を高めたいなら自分の癖を知る為にもまずは普通の歯ブラシできちんと磨けるように練習することをおすすめしてます。
そうすれば非常に効果の高いブラッシングになるでしょう!