〒142-0041 東京都品川区戸越2丁目5-1 戸越銀座テラス1階

03-6426-1818
お問い合わせフォーム

戸越駅から徒歩3分の歯科・歯医者は松本歯科医院

一般歯科

よくある質問

医院ブログ

ドクターズファイル 当院のドクターが紹介されました

自費診療のクレジットカードに対応しています。

English available
歯医者ガイド

webクレジットカード

HOME»  一般歯科

一般歯科

虫歯や歯周病など歯の疾患全般を治療します。
歯の痛みはもちろんですが、歯が欠けてしまった、歯がしみる、食べ物が歯によくはさまるといったことがあれば、悪化する前に早めに治療を行いましょう。

虫歯治療

虫歯ができる3つの要因

むし歯菌・糖分摂取の量・歯質の強さ時間経過が加わると徐々にむし歯は進行します。虫歯予防のポイントはこの3つが重なってる時間をいかに短くしていくかです。

なんで虫歯になるのか?

飲食をすると歯の表面に付着したプラークにいる細菌が糖分を養分として酸を産生して歯を溶かします。この反応を脱灰といいます。しばらくすると唾液のカルシウムにより酸が中和され歯の表面が修復されます。これを再石灰化といいます。

飲食の度に脱灰再石灰化が繰り返され、脱灰が優勢になると再石灰化が追いつかなくなるため虫歯になってしまいます。
虫歯に一度なってしまうと自然には治りません。徐々に進行していくか、ブラッシングがうまくできていれば進行が停止しそのままの状態であるかです。

虫歯の段階に応じて治療法がちがいます。

■C0~C1とよばれる初期虫歯

自覚症状はほぼなく、歯の表面に黒い部分や白いにごりができた状態で穴はあいてません。この場合ブラッシングで経過観察するか、審美的に気になる場合はレジンという歯科用プラスチックで詰めることにより治します。

■C2

歯の表面に穴があいている状態です。神経に近づくにつれ、冷たい水などの刺激にしみることがあります。穴の大きさによって治療法が分かれます。小さければレジンでつめます。大きい場合は型を採って欠損部を部分的な被せ物(金属・セラミック)で治します。

■C3

虫歯が神経にまで達しているためズキズキしたり、激しい痛みを感じます。神経が虫歯菌に侵されると神経は部分的に残せないので根にまで及ぶ神経をとる処置を行います。いわゆる根っこの治療です。根の治療をして薬を詰めたら、神経をとった歯は栄養がいかなくなるので脆くなるため、空洞になった部分に芯をいれて全部被せる形(金属・セラミック)で治していくことになります

■C4:根だけが残った歯

歯冠部が虫歯でなくなり、根だけが残った状態。
根の先まで細菌が感染し、膿がたまります。
放置すると骨まで炎症が拡がり、腫れて痛みます。
根の治療を行い残せる場合もありますが、ほとんどは抜歯しなければなりません。

レジンによる治療法

  • まず虫歯の部分を削ってとります。
  • 削った部分にレジンを以前の形になるようにつめます。
  • 特殊な光により硬化させます。(固める前は粘土状で柔らかいです)
  • かみ合わせ・形態修正して研磨して終了

特徴

治療回数が少なく安価で審美的にきれいですが、歯ほどの硬さはないため、経年劣化や摩耗によりすり減ったり境目が着色してきたりします。

部分的な被せ物(インレー)で治す治療法

  • まず虫歯を削ってとります。
  • 虫歯が思ったより進行していて神経に近接している場合は、裏層といって神経に近い部分を保護する詰め物をおこないます。
  • 形態を整えた後に型を採ります。
  • 型取りして作ってきた被せ物をお口で調整してセットします。

全部かぶせる形で治す治療法

  • まず虫歯を削ってとりますが、神経にまで達しているため根の治療を行います。
  • 根の治療が終わったら、内部の空洞を補強する為に土台の型取りをします。
  • 型取りして作ってきた土台をセットして、形態修正した後に最終的な被せ物の型取りをします。
  • 型取りして作ってきた被せ物を調整してセットします。

一般的に虫歯の症状が大きくなるほど、治療回数が多くなり費用がかかって、審美性も落ちます。

症例写真

C1程度であればあまり自覚症状はありませんが、自然には治りません。
初期虫歯の黒いのが目立つ程度で治療すれば審美的にもきれいになりますし、治療回数も少なくすみます。


  • 多数の初期虫歯の状態

  • 治療後

歯周病治療

歯周病は、プラークの中にいる歯周病菌が歯肉に炎症を起こし、少しずつ周りの組織を破壊していく病気です。一般的に痛み等の症状がないまま進行することが多く病状が進行すると、歯を支える骨を溶かし、歯がグラグラになって抜けてしまいます。

歯周病ってどんな病気? どうして歯周病になるの?

歯周病は歯を支える周辺の組織に起こる病気です。歯周組織は歯肉歯槽骨、歯根を覆うセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜から成り立ち、これらにより歯が正しい位置に固定されています。この歯周組織に細菌が感染して発症します。細菌に感染すると生体の防御機能が働き、白血球などが細菌を排除しようと戦い、炎症が起こります。歯周病は、歯のまわりの歯肉が炎症をおこす「歯肉炎」と、それがさらに進行して炎症が深部まで及び、歯を支える骨が溶けだす「歯周炎」の2つにわけられます。
細菌の居場所となるのが歯垢(プラーク)で、口の中の細菌とその代謝物より作られた黄白色のネバネバしたかたまりで「バイオフィルム」とも呼ばれます。歯石は、歯垢が石灰化して硬くなったものです。歯垢が増えればそれだけ、歯周病原細菌が増加して歯周病は進行します。食事して歯を磨かなければ、歯垢が歯の表面に付着・増殖し、2~3日で歯肉炎の兆候が見られます。この炎症が内部まで及ぶと歯を支えている骨が溶け始め歯周炎へと進行してしまうのです。

歯周病はどうやってみつけるの?

自分では気づかない軽い症状のものも含めると、成人の約8割がかかっているといわれており、40代以降で歯を失うもっとも大きな要因です。初期の歯肉炎であれば適切なブラッシングで治るのですが、重度に進行してしまって抜かなくてはいけなくなるほど放置されてしまうケースが少なくないのが現状です。それは歯周病の進行初期には痛みや腫れといった自覚症状がほとんどないからです。痛い、グラグラするといった症状を感じるようであれば、すでにかなり進行してしまっていると思ってください。

次のような症状があれば歯周病です。皆さんもチェックしてみてください。
  • 歯肉から出血する
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 口臭がある
  • 歯肉がむずがゆい、痛い
  • 歯が長くなったような気がする
  • 歯がグラグラ動く

歯周病はどう治療する?

基本的には原因となるものを一つでも多く取り除いていくことです。
まずはプラークコントロール(日々のブラッシング)、歯ブラシで歯垢をきちんととれてなければすぐ再発してしまいます。次に自分でブラシでは除去できない歯石を機械的に取り除くことです。さらに歯垢を増加させる因子(虫歯、適合の悪い被せ物)の修正をおこないます。
いわゆる、歯周基本治療と呼ばれているものです。
以上の基本治療を行っても症状が改善しない場合には必要に応じて外科的処置を行う場合もあります。

進行状態

■初期

歯石がつきはじめ歯肉に炎症が起こる状態。歯ブラシすると歯肉から血がでる。
時々歯肉が腫れぼったく感じたりします。歯石をとる治療を行い、歯ブラシをしっかり行うことで改善していきます。

■中期

歯周ポケットの深い所に歯石がつき、歯を支える骨をはじめとした周囲組織が壊れている状態。
ブラシ時の出血に加え、水がしみるなどの症状が出てきます。
体調により歯肉が腫れたり、治ったりして場合によっては膿みがでることも。
口の中がネバネバする、口臭がする等といった症状も出てきます。

歯肉の深部で根に付いた歯石をとり、さらに根面を滑沢にする治療を行います。
場合によっては歯肉を切開して、明視下で深部歯石を確実に取り再度縫合する外科処置を行います。

■末期

歯石が根の先端まで付き、歯を支える骨が3分の2以上溶けてしまった状態。
歯がぐらつき、物がよく噛めません。
膿が歯周ポケットより出てほとんどの場合は抜歯になってしまいます。