〒142-0041 東京都品川区戸越2丁目5-1 戸越銀座テラス1階

03-6426-1818
お問い合わせフォーム

戸越駅から徒歩3分の歯科・歯医者は松本歯科医院

予防歯科

よくある質問

医院ブログ

ドクターズファイル 当院のドクターが紹介されました

自費診療のクレジットカードに対応しています。

English available
歯医者ガイド

webクレジットカード

HOME»  予防歯科

予防歯科

歯医者って虫歯のように悪い所ができてから行くものってイメージされている方が意外と多いんですが、予防歯科とは虫歯にならないように通うというイメージです。痛いとか歯がグラグラするといった何かしらの症状がでていればすでにかなり進行してしまっていることが多く、治療に時間を要します。症状等が出る前に定期的に虫歯がないか、歯周病が進行していないかのチェックを行うことで早期発見・早期治療につながり治療回数も費用も抑えることができます。

また異常等がなくてもクリーニング、歯ブラシ指導、フッ素塗布を定期的に行うことにより虫歯・歯周病になりにくいお口の中の環境作りをサポートさせて頂きます。

虫歯がなくても歯医者に是非いらしてください!

では予防歯科ってどんなことするの?

定番の形としては以下のような場合が多いです。

STEP1 口腔内の診査(虫歯・歯周病のチェック)

場合によってはレントゲンの写真を撮ります。

STEP2 口腔内の状態の説明

虫歯があれば場所、大きさ。歯周病の傾向があれば進行してる部位、磨き残してる部位等。

STEP3 PMTC

専門家による様々な器具を使った機械的なお口のクリーニング。

STEP4 ブラッシング指導、フッ素塗布

磨けてない所の部位の磨き方の確認、どこが磨けてないかの意識付け。
最後にフッ素塗布による歯質強化。

STEP5 定期検診へ

一度汚れをとってもご自身で完全に磨き残さずブラシをするのは大変難しいです。
定期的にチェックすることにより汚れの付着部位をチェックし、虫歯があれば早期発見・治療へとつながります。
だいたい3~4ヶ月が一般的な目安です。

当院での予防歯科の受診の流れ

  • まず検診で受診のご予約をお取り下さい。
  • 受診時に口腔内の状態(虫歯の有無・歯周病の検査)を確認します。
  • 必要に応じてレントゲンを撮影します。(精査が必要と判断した際)。
  • 治療に必要な部位等があれば、写真・レントゲン等を見せ現在の状態を説明します。
  • 異常等なければ口腔内全体のクリーニング(PMTC)を行っていきます。

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略です。

いわゆる専門家による機械的な歯面清掃のことです。通常の歯磨きではとりきれない部分の歯垢・歯石を専門家(歯科医師・歯科衛生士)がきれいにし、虫歯・歯周病を予防することです。予防において日々の歯磨きは大事ですが、毎日歯ブラシで歯垢を100%落とすことはほぼ無理と言っていいでしょう。磨き残しは大体同じ場所におこり歯垢はやがて歯石となります。歯石になってしまうと歯ブラシでは取れません。PMTCによって定期的に歯垢・歯石を除去し、多くの歯石がたまり歯周病が進行しないようにします。

当院でのPMTCの手順

  • 磨き残しの確認
  • 超音波の器具による歯垢・歯石の除去
  • ジェットパウダー、ブラシ・ペーストにより歯の表面を綺麗にする
  • 必要であればフッ素を塗る

食事は朝昼晩と食べればそれだけ汚れがたまります。そのたまった汚れは毎日自分でとるものです。そのうえで虫歯・歯周病リスクの高い部分を専門家がきれいにするのがPMTCとなります。これをより効果的なものにするには自身の歯ブラシテクニックの向上と定期的なPMTCを行うことです。

ブラッシング指導

予防の効果を高めるためにすること

TBI(Tooth brushing instruction) いわゆる歯磨き指導のことです。

効果的な磨き方のコツをのべるので参考にしてください。

  • 歯ブラシは一筆書きになるように磨く、あちこちバラバラだと磨き残しができやすい
  • 食後に磨くのが一番だが、忙しいとか時間がなければ夜寝る前だけは丁寧に磨くこれは夜寝ている間に細菌が繁殖しやすいためです。

歯ブラシはどんなものがよいか?

歯並びにもよりますのでこれが万人によいというのはありません。特徴を列挙するので自分に合ったものを使って頂ければと思います。

柄が小さく、毛先が細い、幅が狭いコンパクトな歯ブラシ
細かい部位における清掃効果は高いのですが丁寧に磨かないと磨き残しやすく時間がかかる
柄が大きく、幅広いブラシ
歯面にあたる部分が多いので短時間での清掃効果が高いですが、歯が重なってる所などに歯ブラシが届かない等、細かい部位は磨き残しが非常に多くなります。

硬さに関しては固いとコシがあり、除去効果が高いですが歯肉を傷つけやすい、歯の摩耗を招きやすい。柔らかいとコシがなく除去効果が低いが、細かい部位に毛先が届きやすく歯・歯肉にやさしいです。

なのでご自身のブラシの力加減によって使い分けて頂くのがよいと思われます。

磨き方

スクラッビング法
歯ブラシを歯に垂直に当て、小刻みに動かします。
バス法
歯ブラシを歯ぐきの側に45゜傾け、小刻みに動かします。

歯ブラシを動かす幅の目安としては、歯ブラシの毛先が歯と歯の間に留まる程度で歯1本分くらいの幅の往復運動が理想的です。まさに1本1本を丁寧にみがくという感じですね。

歯間ブラシの使い方

歯ブラシの毛先が届かない歯間部のプラークを除去するのに使います。

ポイントは適切な大きさの歯間ブラシの選択と、挿入角度です。角度によっては歯肉を痛めてしまいます。

また入らない所は無理に入れる必要はないので必要な部位だけ使用しましょう。

歯磨き粉について?

昔は磨き粉をつけすぎると歯が削れるとか、清涼感により磨けた気になってしまうのでつけないかつけても少量がよいなどといわれていました。

現在は歯が削れるのは歯磨き粉よりはむしろブラシ圧による所が大きいと考えられています。

またフッ素入りや抗プラーク作用のある物質が含まれるものが出てきており、どの程度使うと明確な効果が出るかということまでははっきりわかってない所が多いのが現状ですが、個人的には積極的に使った方が良いと思っています。

結局磨き粉を使っても磨き残してるところはあたってないのでそこに薬効は期待できないわけで、きちんと磨けてる上での使用がより効果的と思ってください。

フッ素

フッ素について

フッ素は歯の表面から取り込まれ、歯の結晶(アパタイト)の一部になります。フッ素を含んだ歯はむし歯菌の出す酸に対してもより強くなります。また一度脱灰した部分の再石灰化を促進しエナメル質の補修がしやすくなるという効果があります。

ただ勘違いしてもらっては困るのが、フッ素を塗ったから虫歯にならないというわけではありません。あくまで耐酸性が向上し、虫歯になりにくくなるというだけで歯ブラシしなければ虫歯にはなりますよ。

Q&A(よくある質問)

検診って費用はいくら位かかりますか?
保険で3割負担の方であれば大体3千円程度、レントゲンを撮影した場合は4千円程度とお考えください。また必要に応じ治療をした場合はその分の別途費用がかかります。
検診ってどの位の頻度でくればいいんですか?
汚れの付き方の程度によって変わります。当院での一般的な目安は3~4か月に設定しています。そこから歯ブラシの状態が良好な人は間隔を広げ半年にしたり、ブラッシングができておらず心配だなと思う人は毎月というようにその人にあった間隔をすすめています。また忙しくて定期的にこれない人もいらっしゃると思います。そういう方はいらっしゃれるタイミングでいらしてください!