詰め物・被せもの|松本歯科医院|品川区戸越の歯医者・歯科

松本歯科医院

〒142-0041 東京都品川区戸越2-5-1 戸越銀座テラス1F

通話無料:0066-9760-598284

電話番号:03-6426-1818

メインメニューを開く

詰め物・被せもの

  • HOME
  • 詰め物・被せもの

保険内の詰め物・被せ物から、保険外の白くて汚れが付きにくい詰め物・被せ物まで幅広く対応しています。
ご希望がありましたら遠慮なくご相談ください。患者さまのご要望をお聞きし、適する素材をご提案いたします。

補綴(クラウン・インレー)

クラウン

歯を全体的に削って、その上から人工の歯を被せる治療です。歯の色だけでなく、形や歯並びを改善させることができます。

インレー

虫歯や歯周病などで削ってしまった部分を埋める処置です。

種類

ジルコニアクラウン

ジルコニアと呼ばれる模造ダイヤモンドの白くて薄いフレームを内冠として、表面にセラミックを貼り付けたものです。透明感はもちろん強度に優れており、ブリッジ、咬合力のかかる大臼歯などに適しています。

オールセラミッククラウン

セラミック一塊で作られた被せ物で、天然歯に近い強度を有し、また金属を使用していないため透明感があり、見た目が自然に近いです。金属を使わないため金属アレルギーの心配もありません。

メタルボンド

薄い金属の内冠にセラミックを全体に貼り付けたものです。以前から行われていた方法で審美的には綺麗ですが、ただ内冠の金属色を隠すため透明感という点ではオールセラミック等には劣ります。また金属アレルギーの方は注意が必要です。

ファイバーコア

歯の土台、芯棒のことです。グラスファイバーを使っているため残った歯質に優しく、また審美性にも優れているので、より天然の歯に近づけたいという場合オールセラミック冠の土台におすすめです。